読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覗いてみよう指望遠鏡

謎のラブミサイルブーンされたオタクの日常

ここにきて元担に心揺さぶられている

まず始めに、Sexy Zone New Single「カラフルEyes」オリコン初登場1位おめでとう!!!!!

5人としては久々の新曲、ある意味再出発でもあるこの作品が良い結果を残せて本当によかった。セクゾンちゃんもヲタクも、本当によく頑張った…。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
セクゾンちゃん達もカラフルEyesの宣伝でテレビにラジオにとたくさんのメディアに登場し、大変幸せな気持ちで日々過ごしております。そんななか、セクゾン担としての自分にある気持ちの変化が訪れまして。
 
改めて説明しますと、私のセクゾンでの自担は松島聡くんです。聡ちゃんへの想いはこの記事のひとつ前の聡ちゃんのお誕生日記念の記事でも綴りましたし、今回のカラフルEyes宣伝期のバラエティでの活躍ぶりも胸が熱くなりました。やっと時代が松島聡に追いついてきた…( ;  ; )
ですが、実を言うと聡ちゃんの担当になる前、私の自担は佐藤勝利くんでした。
勝利くんから聡ちゃんへ担降りした経緯はここで語るとだいぶ長くなりそうなので割愛しますが、*1私のセクゾンの入り口になったのは勝利くんだったし、Sexy Zoneの絶対的センターの勝利くんに誇りを持っていました。それは今も変わりません。
 
1年半前に発表されたグループ再編により、勝利くん健人くん風磨くんによる3
人編成の活動が主になりました。それは聡マリが好きな者としてもSexy Zoneというグループを愛する者としてもただただ悲しくて、テレビで3人Zoneが歌っているのを見るのもやっぱり辛くて、意識的に見るのを避けるようになって。唯一の5人でのレギュラー番組であった「Sexy Zone CHANNEL」も事実上の放送休止状態ですしね…。今年の春頃からセク鬱から逃げるかのようにHey!Say!JUMPにハマり出したこともあり、いつの間にかグループ自体からも離れてしまってて。一応TwitterのTLで情報は目にするのですが、ちゃんと意識して見てない分、特にこの春からの半年はセクゾン担としてどこか空白の期間でもありました。
しかし、5人で出たスマスマやMステSP等、セクゾンの状況も徐々に変わり始めてきて、そのいい波が乗ってきたなかでの今。もうセクゾンちゃん達5人が本当に楽しそうで可愛くて。
カラフルEyesが良曲なこともあり、何億年ぶりかってぐらいセクゾン担としての自分を取り戻してきています。
 
いつもの如く前置きを長々語ってきましたが、やっと本題。
カラフルEyesにはどうしようもなく心を奪われる瞬間があります。それがこちら。
f:id:chaimax-orangenote4:20151223231006j:image
 (☆u∂) ドキドキしよう♪
このフレーズの前にある (☆u∂) 「僕も君が好きだよ♡」って台詞とのWパンチでもう…ドキドキどころの騒ぎじゃねええええ!!!!!!!!
 
カラフルEyesの他にもはいキタドン!f:id:chaimax-orangenote4:20151223231220j:image
 
しょ、勝利…お前いつの間に!!!!!
 
よく考えたら、勝利くんのこと再び意識して観るようになったのもここ最近で。
レディダイの俳句やらセクサマの (☆u∂) 「一年中愛してるよ」やら、曲中の台詞が基本片言で、昔はカメラに向かってニコッとするのもどこかぎこちなかったくせに…一体どこでこんな画面越しにオンナ堕とす技覚えたんだよ!ズルい!好き…(赤面)
勝利くんって基本ものすごく真面目な人で。そういう真面目な人がふとした時に見せる色気ってグッときちゃいますよね。
「あぁ、この人こんな顔するんだ…トゥンク」って…。
あの子狐のようだった幼い勝利くんも19歳、すっかり大人になっちゃって…(遠い目)
「小さい頃から知ってる妹みたいな君がいつの間にか大人になっててハッとした」っていうAKBの鈴懸なんちゃらの歌詞そのままだ!鈴懸なんちゃら現象だ!!*3
 
勝利くん、以前ドル誌で「勝利くんの大ファンだけど岸くんのことも好きになってしまいました」というお便りにこう答えていました。
まぁ、新しく好きな人ができるのは普通のことだし。別に謝らなくていいんじゃないの?でも、ボクは君が戻ってくるのをずっと待ってるけどね。  
勝利よ、つまりそういうことなのか…!?!?(頭抱え)
 
思えば1年半前、代々木のふまけんしょり3人での新曲発表会で目に涙浮かべながら悔しそうな顔をしていた勝利くん。グループ再編後はどんどんやつれていき、特に極めつけだったのが春のツアーの横アリ公演。声も枯れてて今にも死にそうな必死な形相、ファンサにしても何か焦っている様子、公演最後も泣き叫ぶかのように挨拶していて。例えて言うなら、いつしかのAKB48総選挙の「私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いならないでください」と涙ながらにスピーチした前田敦子ちゃんみたいな。その姿はどうにも痛々しく見ているこちらも引きずってしまうほどでした。
「僕はみんなをシンメだと思ってる」と発言するくらい、誰よりも5人のSexy Zoneを愛する勝利くんにとって、この1年半というのは悲しみや悔しさと色んな心の葛藤があっただろうし、こちらが想像する以上の精神的なダメージもあったと思います。それでも逃げずにグループを守ってくれていた。
それなのに、状況が状況だったこともありメンバーの気持ちがわからなくなって信じてあげられなくなってた時があったこと、本当に申し訳ないです。
 
だから、最近の勝利くんのセクゾン5人でいる時の幸せそうな笑顔が嬉しくて。メンバーのボケにすかさずツッコむところや、MV撮影で謎の小芝居してたりととにかくテンション高くて楽しそうな様子、*4何よりふまけん聡マリというそれだけでも個性の強いシンメ2組の真ん中で堂々と立つ姿、これが私の好きなSexy Zoneであり佐藤勝利だって今改めて思えます。
これはメンバーみんなに言えることだけど、勝利くんがずっと5人のSexy Zoneを諦めないでいてくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
背負ってるものが大きい人だけど、勝利くんは「悲しみ」ではなく「幸せ」が似合う人です。
Sexy Zoneが幸せになりますように」と願ってた勝利くんの幸せがSexy Zoneの幸せだよ!
 
と、ここまで激重なポエム綴るくらいに今心のなかを勝利くんが占めてるのですが、とは言え私は松島担。聡ちゃんは掛け替えのない自慢の自担ですし、大好きな気持ちに変わりはありません。
だけど、どうにもこの二人の間で揺れ動く今日この頃。春に行われるコンサートツアーだってどっちの団扇を持つべきか迷ってしまいます。どうすればいいんだ…(またも頭抱え)
 
こうなるのも、私がしょり聡厨だからなのかもしれません。お互い意識し合ってかどこかぎこちなかった距離感も縮まり、プライベートでも一緒に出かけるようになり、心許しあえる仲になったところや、ある意味裏シンメ的なライバル同士でもあるこの関係性が尊いんですよね。今二人で計画してるという壮大なプロジェクト、いつか実現できたらいいな。
 
ここまで長々と語ってきましたが、そうは言いつつ脳内でしょり聡に引っ張り合いされてるようなこの状況(我ながらキモいな!)、実はすっごく楽しんでるので春のツアーで答えを出すまではしばらくこのままでいようかななんて思っております。
 
最後までただのKSDDのジャニオタの戯言にお付き合いいただきありがとうございました!
 

*1:ただ決定的だったのはやっぱりガムシャラSexy夏祭り。さすが他担堕としの松島聡だね!

*2:ちなみにこのワイルドな勝利くんはカラフルEyes初回盤B特典映像のジャケット撮影メイキングで観れるよ┐ (☆u∂)┌

*3:この場合「弟みたいな君が」になるか。やはり秋元やすすはヲタク心理をよくわかってらっしゃる。

*4:プロデューサーごっこや突然のジャニワ等、そんな勝利劇場が観れるのはカラフルEyes初回Aの特典のMV撮影メイキング映像で観ることができるよ!